トイレのクリーニングは壁のお手入れも欠かせない

トイレのクリーニングは壁のお手入れも欠かせない

トイレのクリーニングといえば、便器や床を掃除すればよいと思っている方も多いでしょう。念入りに便器や床を掃除してもなんだかににおいがするといったことはありませんか。 実は壁が汚れているかもしれません。トイレの壁は特に男性が立って使用すると便器からはねた尿が壁につきます。時間がたつと黄ばみやにおいの原因になり、雑菌が繁殖してしまいます。また、トイレは便器や洗面台など水を使う場所が多いので、水が飛び散りやすく、黒カビも生えやすい場所です。トイレットペーパーなどから出たホコリもたまるので、繁殖しやすい環境でもあります。 壁のお手入れ方法は誰でも簡単にできます。基本的には便器から飛び散る汚れが多いので、下に行くほど汚れています。お掃除シートで壁を拭けば大丈夫ですが、汚れを広げないように汚れの少ない上から順に拭いていきましょう。特に便座の高さより下は汚れているので、隅から隅まで丁寧に拭くことが大切です。最後に新しいシートで床を拭けば、完璧です。汚れやにおいもスッキリ解消します。

トイレをきれいにするならハウスクリーニング業者に依頼

トイレは臭いや汚れがつきやすい場所なので、こまめに清掃をするということも大事です。普段のお掃除では、洗剤やブラシ、スポンジなどが役立ちます。 毎日掃除をしているつもりでも、尿石などがついて落とせなくなることもあります。より強い洗剤を使うことで解消できる可能性もありますが、間違った方法ではトイレを傷めてしまう可能性もあります。 できるだけきれにするなら、ハウスクリーニング業者に依頼することも考えてみましょう。専門業者は、業務用の特別な洗剤や道具を使って対応してくれますし、プロならではの優れた技術力もあります。プロに依頼すれば、自己流の掃除では落とせなかった汚れも短時間できれいになることが期待できます。一度きれいにしておけば、普段のお手入れもより楽にできるようになります。きれいな状態を維持するのであれば、定期的にクリーニングを依頼することも考えてみましょう。便器回りだけではなく、換気扇などもきれいにしておくことをおすすめします。

トイレクリーニングに関する情報サイト
トイレのクリーニングの基礎知識

このサイトでは、トイレの掃除の仕方と業者に頼む場合のポイントをご紹介しています。自分で掃除する際は除菌が大切です。便器の隅々まで届くブラシを使い順番を守って掃除することで、雑菌を広げることなく効率的な掃除ができます。業者に依頼する際は、価格だけでなくサービス内容も比較して選ぶことが必要です。業者の良し悪しの見極めには口コミが役立ちます。その他、壁掃除の必要性とクリーニングが得意な業者なのかをチェックする方法についてもお伝えします。

Search