トイレのクリーニングはプロに任せるべき?基本的な情報を分かりやすく紹介します

このサイトでは、トイレの掃除の仕方と業者に頼む場合のポイントをご紹介しています。
自分で掃除する際は除菌が大切です。
便器の隅々まで届くブラシを使い順番を守って掃除することで、雑菌を広げることなく効率的な掃除ができます。
業者に依頼する際は、価格だけでなくサービス内容も比較して選ぶことが必要です。
業者の良し悪しの見極めには口コミが役立ちます。
その他、壁掃除の必要性とクリーニングが得意な業者なのかをチェックする方法についてもお伝えします。

トイレのクリーニングはプロに任せるべき?基本的な情報を分かりやすく紹介します

トイレは家の中で最も汚れやすい場所であると同時に、最もきれいにしておきたい場所でもあります。
自分で掃除する際の基本は除菌です。
便器の裏まで掃除しやすいブラシを選び、雑菌を広げないために便器・壁・床の順番で行います。
週1回程度のトイレ掃除で構いませんが、汚れを見つけたらすぐにきれいにしましょう。
酷い汚れはクリーニングのプロに任せると、ニオイまでなくなります。
業者によってサービス内容が異なるので、料金だけでなくサービス内容や口コミ情報のチェックも大切です。

トイレのクリーニングで汚れがキツイ箇所

普段トイレ掃除は、市販されている便座や床の掃除ができるクリーニングシートやスプレーで対応しているという方は多いですが、汚れが溜まりやすい部分を放置してしまうとニオイや自分では落とせない状態になってしまったというケースも少なくありません。
そこで掃除をする際に汚れが溜まるポイントを把握しておくと、重点的にクリーニングが行えるようになります。
まずトイレで汚くなる箇所として挙げられるのが、「便器のふちの裏側」でこの部分は尿石が溜まりやすいことからササッとブラシやスポンジで吹いたとしても、十分に落としきれていない可能性があります。
尿石は酸性洗剤を使用することで落とすことができるので、洗剤をかけて時間を置きもう一度ブラシやスポンジでこするようにすれば、綺麗に落とすことができます。
「便座の裏」も汚れがキツイ箇所で、便座ばかりを掃除してしまいつい見落とししてしまうポイントなので、便座クリーナーなどを利用してこまめに拭き取り、汚れが付着しないように日頃から気をつけて使用するようにしましょう。

トイレのクリーニングをする際に必要になる道具

家族全員が使うトイレは、こまめに掃除をしないと汚れやニオイが気になってしまうので、いつまでも清潔な状態で使用するためにも定期的にトイレ掃除を行うことが大切です。
そこでクリーニングをする際に欠かせない道具として、事前に準備しておきたい物が汚れに応じた洗剤に、便器を磨くブラシやスポンジ、便器の汚れをサッと拭き取れるシートやスプレー、棚などに溜まりやすいほこりを取り除くハンディモップがあります。
最低限でもこれだけ準備しておけば、大体綺麗にすることが可能です。
特に便器を磨く時に使用するスポンジやブラシは、便器の形状に合わせて選ぶことや自分が使いやすいものを選ぶことが大切です。
またタンクの上にある洗面ボウルや蛇口といった、ステンレス素材には水垢がつくので、磨くだけで汚れが落ちるメラニンスポンジを準備しておくと簡単に綺麗にすることができます。
トイレシートやスプレーは、便座や床、蓋まで全てに対応できる万能アイテムです。
シートタイプなら使った後はそのまま水で流すことができたり、スプレータイプはトイレットペーパーに吹き付けて使用できるなど、使い勝手が良いことも便利なポイントです。

トイレのクリーニングにかかる一般的な時間

トイレを綺麗にすることはとても重要なことで特に長期間使っている場合には綺麗にする必要がありますが、問題はどれ位かかるのかと言う点でこのことに関しては様々なことを予めよく確認することが重要です。
特に専門の会社に頼んで綺麗にしてもらう場合にはどれ位の間家に居なければならないのか知っておく必要があるので、凡そで良いので予めしっかりとチェックしておくことが大切です。
トイレのクリーニングにかかる一般的な時間は1時間半ほどで、カビによる汚れに加えて黄ばみの汚れなども綺麗にしてもらう必要があるのである程度かかります。
その点を視野に入れて頼むのであればどれ位の間家に居なければならないのか考える必要がありますし、それを見越してスケジュールを立てる必要があります。
このようにトイレをクリーニングするにはある程度時を要するのでこの点はよく確認した方が良いですし、専門の会社に頼む時には予め聞いておいた方が良いです。

トイレのクリーニングは雑菌を広げないようにすることが重要

トイレのクリーニングというと、目に見える汚れを広範囲にわたって拭き取ればOKと考える人も、実は少なくないのではないでしょうか。
トイレには大腸菌を始めとした雑菌が棲息しており、安易に拭き掃除をすると雑菌を塗り広げてしまうことになります。
これは濡れている雑巾などで顕著ですが、濡れていないものでも同様なので、雑菌の存在を意識しながらクリーニングに取り組むことが重要です。
殺菌作用のあるアルコールを使えばその心配は小さくなりますが、アルコールも万能ではなく効かない菌も存在するので注意が必要です。
また濃度が高過ぎても効果は薄く、濃度が低いと殺菌に時間が掛かるので、アルコールなら何でもOKというわけではないです。
トイレを清掃する時は、壁際から便器に向かって輪を狭めるイメージで、内側に汚れを寄せたり集めるように拭くことをおすすめします。
使用するのは水に流せる使い捨てのペーパーが最適で、日頃から意識的にお手入れをすることが、清潔な状態を保つポイントになるのではないでしょうか。

トイレクリーニングに関する情報サイト
トイレのクリーニングの基礎知識

このサイトでは、トイレの掃除の仕方と業者に頼む場合のポイントをご紹介しています。自分で掃除する際は除菌が大切です。便器の隅々まで届くブラシを使い順番を守って掃除することで、雑菌を広げることなく効率的な掃除ができます。業者に依頼する際は、価格だけでなくサービス内容も比較して選ぶことが必要です。業者の良し悪しの見極めには口コミが役立ちます。その他、壁掃除の必要性とクリーニングが得意な業者なのかをチェックする方法についてもお伝えします。

Search